スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【それナニ?~Vol.10~】「七五三~髪置の儀~」

こんにちは!
スタジオJAMスタッフのくるみです♪

不定期連載の「スタジオJAMのそれってなぁに?」
略して【それナニ?】のコーナーですっ♪

3月から始まったこの連載も、
記念すべき第10回目となりましたー☆



今回から3回分は、
七五三についての情報です♪

以前、【それナニ?~Vol.4~】にて、
「七五三記念の前撮りのメリット」という記事もご紹介していますので、
こちらもご参考にどうぞ☆

http://jambooking.blog.fc2.com/blog-entry-5.html



さて。
「七五三」と言うからには、
七歳・五歳・三歳でお祝いをする物…ということは皆さんご存知ですよね??

では、それぞれの年齢で、
お祝いの儀式が違うことはご存知でしょうか??
今回から3回分、そのお祝の儀式について、ご紹介していきますね☆

初回は三歳で行う「髪置の儀」について。



この儀式の起源は遡ること平安時代…
この当時は女の子も男の子も3歳までは坊主頭で居ることが一般的でした。

生まれてすぐ(生後7日目)に産毛を剃ることで、
のちのち、健康な毛髪が生えてくると信じられていたそうです。

そして、坊主頭で過ごした子供は、
3歳の春になって初めて髪を伸ばしていくことが許されるのだそうです。

子供たちが初めて髪を伸ばし始める儀式が、
「髪置の儀」と呼ばれ、
現在の七五三に形を変えて残されているのです。

当時の「髪置の儀」では我が子の健やかな成長と、
長生きできるように…という願いが込められていたそうです。

この「髪置の儀」のあとは、
女の子は生涯髪の毛を切らないようにし、
おすべらかしという髪型で過ごしていたそうですよ!

おすべらかしとは、雛人形のお雛様のような髪型を想像するといいと思います。
この髪型をやめるのは夫に先立たれてしまった場合などだけだそうです。

昔から、「失恋したら髪を切る」…というのがありますが、
もしかしたらこれが起源なのかもしれませんねー。


これが、七五三の三歳のお祝いでした!

次回は五歳!「袴着の儀」についてお話しますね!

お楽しみにー♪

web http://www.studiojam.jp/

sorenani10.jpg
スポンサーサイト

【それナニ?~Vol.9~】「ニューボーンフォト」

こんにちは!
スタジオJAMスタッフのくるみです♪

不定期連載の「スタジオJAMのそれってなぁに?」
略して【それナニ?】のコーナーですっ♪

今回のテーマは「ニューボーンフォト」
欧米では定番の写真撮影が日本でも徐々に定着してきていますね!

今日は「ニューボーンフォト」の今更聞けない、
基本についてご説明!



ニューボーンフォトの発祥は欧米で、
生後2週間以内の新生児をフォトスタジオに連れて行き撮影します。

日本と違い、欧米では産後1~2日程度で病院を退院し、
自宅に帰ります。

自宅に帰る前にフォトスタジオに寄り、
ニューボンフォトを撮影するのが主流の様です。

欧米でニューボンフォトが定番なのは、
この退院の早さにあるのかもしれませんね!



日本では出産から退院までは5~7日程。
帝王切開の場合はさらに長く、7~10日程度だそうです。

欧米と比べると長いのですが、
産院の不足などにより、この入院日数も減少傾向にはあるようですね。

日本では入院中、診察のほかに、授乳練習や沐浴練習、退院後の生活アドバイスなどもありますので、
アフターケアがしっかりしているので安心ですね♪



さて、話を戻しまして…。

ニューボンフォトは生まれたての赤ちゃんをスタジオで撮るのが主流です。
生まれたばかりの赤ちゃんの肌は独特のシワシワ感を持っていること、
そして、何とも言えない神秘的なかわいらしさ。

これらを写真に収めておくのは、
将来、子供が大きくなった時へのプレゼントにもなりますし、
子育てで何か悩んだ時に、
出産の感動を思い出すことができ、
さらなる愛情をかけてあげることが出来るのではないでしょうか??



新生児はあっという間に成長してしまいます。
2週間頃までに撮影するのが一般的ですが、
出来るだけ早い時期に撮影しておくと、
しわしわ感も残るのでお勧めです。

写真館によっては、
スタジオ撮影だけではなく、
自宅への出張撮影、また産院への出張撮影を行っているところもあるようなので、
ぜひ調べてみてくださいね!



産後からなるべく早い時期に撮るのはもう一つメリットがあります。
それは赤ちゃんがたくさん眠ってくれるということ。

ニューボーンフォトでよく見る、
赤ちゃんが眠った姿。
すてきですよね!
産後間もないころは、赤ちゃんも深い眠りにつきやすく、
眠った姿を撮りやすいというメリットがあります。

深く眠っていればいるほど、
ポーズなども撮りやすく、
うつ伏せの写真なども撮れるかもしれません!



また、撮影当日には、
授乳後に良く眠ってくれる場合が多いので、
スタジオに到着する直前に授乳するなど、
撮影時間もあらかじめ考えておくと良いかもしれませんね♪



写真撮影を彩る小道具としては、
結婚式で使用したブーケやリストレット、
マタニティフォトで使用したサッシュベルトなども使ってみると、
良いかもしれません。
結婚指輪を赤ちゃんに持たせてみたり、
アイディアは無限!



気をつけて頂きたいのは、
産後すぐのママさんは体調が万全でないことも。
ちょっとでも体調が良くない場合には、
延期や中止も考えておきましょう♪
何事も、ママさんの体調と赤ちゃんの体調が一番大事ですからね☆




では、ニューボーンフォトについてお話しさせていただきました!
出産を控えた妊婦さん、生まれてくるまで、
体調には気をつけて、
元気な赤ちゃんをうんでくださいね☆

それでは、またー!

web http://www.studiojam.jp/

IMG_1886.jpg

【それナニ?~Vol.7~】「一升餅」

こんにちは!
スタジオJAMスタッフのくるみです♪

暖かい日が続いていますね☆
ゴールデンウィークも終わり、
ちょっぴり気が緩む季節ですが、
こういう気持ちの良いお天気が続くと、
今日もがんばろうっ!という気分になりますねー♪

さて!では今回も張り切ってまいります!
不定期連載の「スタジオJAMのそれってなぁに?」
略して【それナニ?】のコーナーですっ♪



今回のテーマは「一升餅」についてです☆

お子さんがいらっしゃるみなさんは、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
お子さんがいない方も、名前は知っている!という人もいらっしゃるかと思います。

そう、1歳のお誕生日にお子さんに背負わせる、アレですね!



「一升餅」とは、一升分のお米を使って作るお餅のことです。
一升=約1.8kgですが、蒸して、お餅をつく為、仕上がった時には、
約2kg程の重さになるそうです!

このお餅の事を「一升餅」、
もしくは、このお餅を使ったお祝いの行事そのものを「一升餅」というようです♪

呼び方には地方によってさまざまあり、

・一生餅
・誕生餅
・踏み餅
・立ったら餅
・背負い餅
・力餅

などとも呼ばれるそうです。
北海道では「一升餅」が一番なじみがありますね!



「一升餅」でのお祝いの行事は、「一升」と「一生」を掛けて、

・一生食べ物に困らないように
・一生長生き出来るように

という願いのほかに、「一升餅」の丸い形から、

・円満な人生を過ごせるように

という願いが込められています。

ちなみに現在では円い形だけではなく、
ハート型のお餅などもあるそうですよ!

名前を入れてくれるお店や、
おめでたい「鯛」のイラストが描かれたもの、
お祝い後に配るために小分けになったものなど種類もとても豊富です♪



昔は、1歳の誕生日のお祝いはとても特別なものだったそうです。
なぜなら、昔は生まれた赤ん坊が1歳になるまで無事に育つことがとても大変でした。
そのため、1歳のお誕生日には縁起の良いお餅を使ったお祝いが行われたそうです。



現在では、お餅を風呂敷等で包み背負わせて立たせる事が一升餅の行事となっていますが、
地方によっては立たせないようにわざと転ばせたり、
お餅の上に立たせる行事などもあるそうです。

立たせないようにするのは、

・早くから歩くと、家を離れる(家業を継がない)ので良くない

という考え方からだそうです。

お餅の上に立たせるのは、お餅=大地との考えから、

・しっかり地に足をつけて歩いていけるように、足腰が強くなるように

という願いからだそうです。

立てても立てなくても、歩いても歩かなくても、
それぞれに縁起の良い解釈があるので、
おおらかな気持ちで暖かく見守って、
1歳のお祝いとこれまでの成長をみんなで一緒に喜んであげることが一番かなと思います♪



また、一升餅のお祝いの時に、
「選び取り」という占いを行うことも多くなってきているようです☆

選び取りとは、意味を持たせた品物を準備し、
お子さんがどれを手にするかで将来を占うイベントです♪
(将来占いとも呼ばれるようです)

たとえば…

そろばん・電卓⇒商人向き、計算が得意になる

筆・絵具⇒芸術家向き、勉学の道に進む

定規⇒几帳面でしっかり者

お財布・お金⇒お金持ちになる、お金に困らない

などなどです♪

これらの品物には「用意しなければいけないもの」という決まり事はありません!

就いてほしい職種がある場合には、
その職業に関連する品物を準備したり、
こうなってほしいというものを連想させるような品物を準備すると、
楽しいイベントになると思います♪



注意点は品物を選ばせる前に、
どれを選んだことにするかを決めておくこと。

お子さんは気分次第で、
次から次へとさわったり持ったりするものです。

「最初に触ったもの」や、
「長く持っていたもの」「触れたもの全部!!」など、
事前に決めておくといいそうです♪



伝統的な「一升餅」と新たなイベントの「選び取り」で、
楽しい1歳のお誕生日を過ごしてくださいね!



web http://www.studiojam.jp/



260819manaho01.jpg

【それナニ?~Vol.6~】「ハーフバースデー」

こんにちは!
スタジオJAMスタッフのくるみです♪

不定期連載の「スタジオJAMのそれってなぁに?」
略して【それナニ?】のコーナーですっ♪



今回のテーマは「ハーフバースデー」についてです☆

ハーフバースデーとは、
その名の通り、
赤ちゃんが生まれてから半年を成長の節目としてお祝いするものです。

ハーフバースデーの起源は、
アメリカやイギリスの習慣を日本流にアレンジしたものです。

もともとアメリカやイギリスでは、
祝日や休暇と誕生日が重なってしまった子が、
学校のみんなにもお祝いをしてもらえるように、
誕生日の6か月前(もしくは6ヶ月後)に設定していたものだそうです。

現在の日本で、
ハーフバースデーといえば、
生まれてから6カ月後の赤ちゃんのお祝いとして定着してきましたね!

では、ハーフバースデーはなぜこんなに日本に定着してきたのでしょうか?



赤ちゃんが生まれて最初のころは、
ネンネとおっぱいの繰り返しですが、
1、2か月頃には少しずつ手足を動かせるようになりますね!

3、4か月頃には首も据わり始め、表情も豊かになり、
アーアーやウーウーといった言葉も発することが出来るようになります!
ちょうどこの頃が百日記念で初めてお写真を撮る機会になると思います☆

そして、5、6か月頃。
この頃になると、
笑ったり怒ったりの感情表現のほかに、
うつ伏せになったり寝返りをしたりと、
動きの変化も顕著に出てきますね!

この可愛い時期を逃したくない!
という、ママさんの愛情のたまものが、
「ハーフバースデー」が定着した理由だと思います♪



では、ハーフバースデー当日は、
どんなことをするといいのでしょうか??

バースデーと名前が付いているので、
もちろん、ケーキを用意したり、
お部屋を飾りつけて、ちょっぴりおめかししてパーティーをしたりするのも○。

おじいちゃんおばあちゃんを招待してお祝いしたり、
お友達を呼んでホームパーティーを開くのも良いかもしれませんね!

ただ、もちろん赤ちゃんはケーキが食べれませんので、
用意したものは集まった人で頂くことになりますが(笑)

最近では、
赤ちゃん用に離乳食でバースデーケーキに似せたものを作ってあげたり、
オムツケーキを用意したりするようです♪



さらに、
前述したとおり、
ハーフバースデーの時期は表情も動きも、
生まれたての赤ちゃんとは比べものにならないくらい、
著しく成長していますので、
記念にお写真を撮る人もいます♪

写真館では、
ハーフバースデー専用のプランなどを用意しているところもありますし、
衣装やセットも可愛いものが多数あると思いますので、
お気に入りの店舗を探してみるといいかもしれませんね!



新しい記念日「ハーフバースデー」。
どんなお祝いをするかは、
十人十色♪

赤ちゃんのこれまでの成長を祝い、
これからの成長を願う、
楽しい記念日になるといいですね!!


本日はここまで!ありがとうございました!
また次回もお楽しみにー♪

web http://www.studiojam.jp/

0203.jpg

【それナニ?~Vol.4~】「七五三記念の前撮りのメリット」

こんにちは!
スタジオJAMスタッフのくるみです♪

今週も始まりました!
不定期連載の「スタジオJAMのそれってなぁに?」
略して【それナニ?】のコーナーですっ♪

4月になりましたが、
昨日、札幌では雪が降りましたね!
もうすぐ桜が見られるかな??
と思っていたので、
びっくりしました!



さて!
今回のテーマは「七五三記念の前撮りのメリット」について。



七五三と言うと、、
一般的には秋ごろのイメージですよね??

正式には、本州では11月15日です。
北海道では、寒さが厳しくなる前に行うことから、
ひと月前倒しになることが多く、
10月15日にお参りなどを行うことが多いようですね。

この七五三記念…
まだまだ先のこと…と思っていませんか??

いえいえ、
七五三の記念撮影は今の時期から準備する方が実はメリットが多いのです!



メリット①前撮りキャンペーンが多数!



10月から11月にかけては、
写真館も七五三記念の予約が多数入り、大忙し!

お客さまにも、希望日時の予約が取りにくくなってしまったり、
希望の衣装が貸出されていたり…。

それらを避けるために、
写真館では、
前撮りキャンペーンというものを設けているところが、
数多くあります!

特別なプランでリーズナブルに商品を提供できたり、
お着物の着付け料が無料になったり、
千歳飴のプレゼントがついたり♪

その内容は写真館によってさまざまです!

5月から8月頃にかけて、
多数のキャンペーンが出ると思いますので、
今から準備すると、
通常よりもとってもお得に記念撮影が出来ると思いますよ♪



メリット②当日のスケジュールにゆとりが出来る!



七五三の当日は、
朝からお子さんのヘアセット・着付けをして、写真撮影に、神社へのお参り、
そのあとは親族一同での会食やお披露目パーティーなど、
一日中忙しく動き回るもの!
このほかに、
ママさんも着物を着る場合にはさらに大変になってきます!

七五三といえど、
まだまだ小さなお子さんの行事ですから、
あまりにスケジュールを詰め込みすぎると、
後半ではぐずってしまうこともしばしば…。

せっかくの記念日ですから、
最後までみんな笑顔でいたいものですよね!

前撮り撮影をすることにより、
お参りやお披露目パーティー当日のスケジュールにも余裕ができ、
お子さんの負担も少なく、
和やかに進むと思いますよ♪

さらに、
写真撮影はお子さんにとっては緊張の場なのです。

忙しい10月から11月頃になると、
他のお子さんやご家族がいたり、
撮影の時間が決まっていたりと、
パパさんママさんも気を使うことがたくさん。

前撮り撮影の場合は、
時間に余裕を持って撮影にも臨めるので、
緊張しがちなお子さんも、
安心して撮影できますよ♪



メリット③日焼けで真っ黒になる前に撮影できる!



七五三記念の盲点は、実は日焼け!

7月から8月にかけて、
幼稚園、保育園、小学校は夏休みに入りますね!

家族でキャンプに行ったり、
海やプール、
公園でお友達と朝から夕方まで遊んだり!

楽しいことだらけの夏休みには、
お子さんは日焼けをして真っ黒に♪

元気な証拠!で、良いことなのですが、
七五三記念に日焼けは大敵なのです!

一生記念に残る写真の撮影、
日焼けとお着物の相性はよくはありません!

夏休みに入る前、日焼けをする前に、
写真撮影だけでも終わらせてしまうことを、
多くの写真館でおすすめしています♪



メリット④体調不良などにも対応できる!



いくら万全に準備していたとしても、
お子さんは急に風邪をひいたり、
体調を崩してしまうもの。

すべてのスケジュールを詰め込んでしまうと、
それだけでその日の予定をすべて変更しなくてはいけません。

おじいちゃん、おばあちゃんが来る場合には、
予定を合わせたりするのも一苦労ですね。

前述している通り、
10月から11月は七五三のピーク!
変更希望の日時の予約がすぐに取れるかと言うと、
難しい場合も。

その点、前撮り撮影の場合は、
予約の変更もしやすいことが多いのです♪



いかがでしたでしょうか?
七五三記念の前撮りには、
メリットがこんなにたくさんあるんですね!

ちなみにデメリットは…
ほとんどないと言っても良いと思いますね♪

もうすぐ5月になりますので、
気になる写真館の前撮りキャンペーンは、
見逃さずに、
ぜひチェックしてみてくださいね!



さて!
本日は「七五三記念の前撮りのメリット」についてお話しさせていただきました♪
早め早めの準備で、
お得に可愛くオシャレに七五三を楽しみましょう♪

では、また次回、お楽しみにっ☆

web http://www.studiojam.jp/

250927kou01.jpg
プロフィール

jambooking

Author:jambooking
札幌市内8店舗、函館に1店舗をかまえるキッズフォトスタジオ!
スタジオJAMが皆様にさまざまな情報をご案内!
写真の事、お子さんの事、地域の事。
ためになる情報が満載です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。