スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【それナニ?~Vol.8~】「一眼レフとミラーレス一眼レフ」

こんにちは!
スタジオJAMスタッフのくるみです♪

不定期連載の「スタジオJAMのそれってなぁに?」
略して【それナニ?】のコーナーですっ♪

今回のテーマは「一眼レフとミラーレス一眼レフ」について!
この二つの名前くらいは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか??



カメラを購入する際に、
一眼レフとミラーレスのどちらにしようか迷う方、
実際にどのような違いがあるのかわからない方が多いかと思いますので、
ここで改めて2つのカメラの違いについて簡単に説明しようかと思います♪



一眼レフとミラーレス…
わかりやすい大きな違いはやはり大きさ&重さ!

一眼レフよりもミラーレスのほうが、
軽量でコンパクトであることが一番の特徴です。

ミラーレスという名前の通り、
カメラの中にミラーがあるかないか…。
それによって一眼レフとミラーレスとを区別しています。

ミラーレスはカメラの内部に組み込まれている機能(ミラー)を取り除くことによって、
小型化&軽量化に成功したのです。

ドライブがてらスナップ写真を撮ったり、
旅行先で家族写真を撮ったり…という場面を考えた場合には、
重たい一眼レフを持っていくよりは、
軽くて小さいミラーレスのほうが、
重宝するかもしれません。

持ち運びしやすいサイズ感ですので、
写真を撮ることがライフワークになりやすいですね!



だからと言って、
購入するならミラーレス一眼レフ一択!と思ってしまうのには、
まだ早いですよー!



軽くて持ち運びしやすいという点なら、
さらに小さなコンパクトデジタルカメラという選択肢もありますし、
最終的な仕上がりの良さを求めるなら、
やはり一眼レフを選択するのがいいでしょう。

写真の質の違いは画素数の違い!
画素数が多いほうが断然質がいい!!
と思っている方…それは間違いですよー!

写真の画質の良さは、
カメラに内蔵されているイメージセンサー(撮像素子)という、
カメラの心臓部分が肝となってきます。

イメージセンサーとは、それが大きければ大きいほど、
高画質な写真、また、背景のボケが効いているプロっぽい写真が撮りやすいのです。

単純に画素数が多いほうがきれいに撮れると思っている方も多いと思いますが、
実は画素数が同じでも写真の質には違いが出るのです。
その違いがイメージセンサーの大きさであり、
サイズが大きいほうが出来栄えはきれいなのです。

そして、一眼レフとミラーレスとでは、
イメージセンサーは一眼レフのほうが大きいものが多いのです。



では、ミラーレスにしたことによって取り除かれた機能とはどのようなものなのか…

一眼レフの良さの1つは目に見えた状況や動きを、
レンズとファインダーを通してもほとんど誤差なく正確に見えるという点です。
これは反射ミラーを使ってレンズからファインダーへと導く仕組みがあるためです。
このため、撮影時にカメラが自分の体と一体になったように感じ、撮ることができるのです。

ミラーレスではこの反射ミラーが取り除かれているので、
カメラの背面にある液晶モニターへは、
レンズから入った光の情報を、一度、電子信号に変換してから表示しているため、
目に見えたものとモニターされるまでにタイムラグが生じるのです。



一眼レフとミラーレスの違い…
大きく3つ(形・イメージセンサー・機能)に分けて説明をいたしましたが、
わかっていただけたでしょうか??



で?結局どっちを買ったらいいの??

という質問ですが、
これに関しては、
自分が何を求めているかをしっかりと考えることです!

手軽さを考えるならミラーレス
本格的にプロのような写真を撮りたいなら一眼レフ

月並みですが、こう答えるしかありません。



ですが…私個人としては、
やはり一眼レフカメラで、
イメージセンサーの大きさがフルサイズのものをお勧めしたいですね!

フルサイズってなんだ?
と思われた方。

ここから先は大変マニアックな話になりますので、
また機会があればお話しいたしますね!

ではまた次回!



web http://www.studiojam.jp/



270314so02.jpg
スポンサーサイト

【それナニ?~Vol.7~】「一升餅」

こんにちは!
スタジオJAMスタッフのくるみです♪

暖かい日が続いていますね☆
ゴールデンウィークも終わり、
ちょっぴり気が緩む季節ですが、
こういう気持ちの良いお天気が続くと、
今日もがんばろうっ!という気分になりますねー♪

さて!では今回も張り切ってまいります!
不定期連載の「スタジオJAMのそれってなぁに?」
略して【それナニ?】のコーナーですっ♪



今回のテーマは「一升餅」についてです☆

お子さんがいらっしゃるみなさんは、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
お子さんがいない方も、名前は知っている!という人もいらっしゃるかと思います。

そう、1歳のお誕生日にお子さんに背負わせる、アレですね!



「一升餅」とは、一升分のお米を使って作るお餅のことです。
一升=約1.8kgですが、蒸して、お餅をつく為、仕上がった時には、
約2kg程の重さになるそうです!

このお餅の事を「一升餅」、
もしくは、このお餅を使ったお祝いの行事そのものを「一升餅」というようです♪

呼び方には地方によってさまざまあり、

・一生餅
・誕生餅
・踏み餅
・立ったら餅
・背負い餅
・力餅

などとも呼ばれるそうです。
北海道では「一升餅」が一番なじみがありますね!



「一升餅」でのお祝いの行事は、「一升」と「一生」を掛けて、

・一生食べ物に困らないように
・一生長生き出来るように

という願いのほかに、「一升餅」の丸い形から、

・円満な人生を過ごせるように

という願いが込められています。

ちなみに現在では円い形だけではなく、
ハート型のお餅などもあるそうですよ!

名前を入れてくれるお店や、
おめでたい「鯛」のイラストが描かれたもの、
お祝い後に配るために小分けになったものなど種類もとても豊富です♪



昔は、1歳の誕生日のお祝いはとても特別なものだったそうです。
なぜなら、昔は生まれた赤ん坊が1歳になるまで無事に育つことがとても大変でした。
そのため、1歳のお誕生日には縁起の良いお餅を使ったお祝いが行われたそうです。



現在では、お餅を風呂敷等で包み背負わせて立たせる事が一升餅の行事となっていますが、
地方によっては立たせないようにわざと転ばせたり、
お餅の上に立たせる行事などもあるそうです。

立たせないようにするのは、

・早くから歩くと、家を離れる(家業を継がない)ので良くない

という考え方からだそうです。

お餅の上に立たせるのは、お餅=大地との考えから、

・しっかり地に足をつけて歩いていけるように、足腰が強くなるように

という願いからだそうです。

立てても立てなくても、歩いても歩かなくても、
それぞれに縁起の良い解釈があるので、
おおらかな気持ちで暖かく見守って、
1歳のお祝いとこれまでの成長をみんなで一緒に喜んであげることが一番かなと思います♪



また、一升餅のお祝いの時に、
「選び取り」という占いを行うことも多くなってきているようです☆

選び取りとは、意味を持たせた品物を準備し、
お子さんがどれを手にするかで将来を占うイベントです♪
(将来占いとも呼ばれるようです)

たとえば…

そろばん・電卓⇒商人向き、計算が得意になる

筆・絵具⇒芸術家向き、勉学の道に進む

定規⇒几帳面でしっかり者

お財布・お金⇒お金持ちになる、お金に困らない

などなどです♪

これらの品物には「用意しなければいけないもの」という決まり事はありません!

就いてほしい職種がある場合には、
その職業に関連する品物を準備したり、
こうなってほしいというものを連想させるような品物を準備すると、
楽しいイベントになると思います♪



注意点は品物を選ばせる前に、
どれを選んだことにするかを決めておくこと。

お子さんは気分次第で、
次から次へとさわったり持ったりするものです。

「最初に触ったもの」や、
「長く持っていたもの」「触れたもの全部!!」など、
事前に決めておくといいそうです♪



伝統的な「一升餅」と新たなイベントの「選び取り」で、
楽しい1歳のお誕生日を過ごしてくださいね!



web http://www.studiojam.jp/



260819manaho01.jpg

【それナニ?~Vol.6~】「ハーフバースデー」

こんにちは!
スタジオJAMスタッフのくるみです♪

不定期連載の「スタジオJAMのそれってなぁに?」
略して【それナニ?】のコーナーですっ♪



今回のテーマは「ハーフバースデー」についてです☆

ハーフバースデーとは、
その名の通り、
赤ちゃんが生まれてから半年を成長の節目としてお祝いするものです。

ハーフバースデーの起源は、
アメリカやイギリスの習慣を日本流にアレンジしたものです。

もともとアメリカやイギリスでは、
祝日や休暇と誕生日が重なってしまった子が、
学校のみんなにもお祝いをしてもらえるように、
誕生日の6か月前(もしくは6ヶ月後)に設定していたものだそうです。

現在の日本で、
ハーフバースデーといえば、
生まれてから6カ月後の赤ちゃんのお祝いとして定着してきましたね!

では、ハーフバースデーはなぜこんなに日本に定着してきたのでしょうか?



赤ちゃんが生まれて最初のころは、
ネンネとおっぱいの繰り返しですが、
1、2か月頃には少しずつ手足を動かせるようになりますね!

3、4か月頃には首も据わり始め、表情も豊かになり、
アーアーやウーウーといった言葉も発することが出来るようになります!
ちょうどこの頃が百日記念で初めてお写真を撮る機会になると思います☆

そして、5、6か月頃。
この頃になると、
笑ったり怒ったりの感情表現のほかに、
うつ伏せになったり寝返りをしたりと、
動きの変化も顕著に出てきますね!

この可愛い時期を逃したくない!
という、ママさんの愛情のたまものが、
「ハーフバースデー」が定着した理由だと思います♪



では、ハーフバースデー当日は、
どんなことをするといいのでしょうか??

バースデーと名前が付いているので、
もちろん、ケーキを用意したり、
お部屋を飾りつけて、ちょっぴりおめかししてパーティーをしたりするのも○。

おじいちゃんおばあちゃんを招待してお祝いしたり、
お友達を呼んでホームパーティーを開くのも良いかもしれませんね!

ただ、もちろん赤ちゃんはケーキが食べれませんので、
用意したものは集まった人で頂くことになりますが(笑)

最近では、
赤ちゃん用に離乳食でバースデーケーキに似せたものを作ってあげたり、
オムツケーキを用意したりするようです♪



さらに、
前述したとおり、
ハーフバースデーの時期は表情も動きも、
生まれたての赤ちゃんとは比べものにならないくらい、
著しく成長していますので、
記念にお写真を撮る人もいます♪

写真館では、
ハーフバースデー専用のプランなどを用意しているところもありますし、
衣装やセットも可愛いものが多数あると思いますので、
お気に入りの店舗を探してみるといいかもしれませんね!



新しい記念日「ハーフバースデー」。
どんなお祝いをするかは、
十人十色♪

赤ちゃんのこれまでの成長を祝い、
これからの成長を願う、
楽しい記念日になるといいですね!!


本日はここまで!ありがとうございました!
また次回もお楽しみにー♪

web http://www.studiojam.jp/

0203.jpg
プロフィール

jambooking

Author:jambooking
札幌市内8店舗、函館に1店舗をかまえるキッズフォトスタジオ!
スタジオJAMが皆様にさまざまな情報をご案内!
写真の事、お子さんの事、地域の事。
ためになる情報が満載です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。